係長向け研修コース

副部長のマネジメント能力向上講座

副部長の役職は部長の顧問であり、部長が不在のときに、部長の代わりにすべての業務を指示する者です。副部長の地位は専門的な知識を必要とするだけでなく、その他の多くの基準を満たさなければなりません。

とりわけ、副部長は、一定の管理能力を持ち、自分の役割と責任を理解し、業務スキル、問題解決スキル、コミュニケーションスキル、チームワークスキルをしっかりと把握しなければなりません。

すぐに「副部長のマネジメント能力向上講座」を申し込みましょう!

 

Hinh khoa hoc

COURSE OVERVIEW

Name of the course: 副部長のマネジメント能力向上講座
Object: マネージャー、スーパーバイザー、グループリーダー、..。
Training time: 2日間~3日間(顧客の要求に応じた計画)
Language: ベトナム語
Lecturers: ベトナム人
Forms of training: 顧客の会社で直接(Inhouse)または多くの企業へのワークショップ
Training methods: 教室で講義、プレゼンテーション、相談、練習

PURPOSE OF COURSE

  • 副部長の役割及び責任を理解できます。
  • 毎日の業務をしっかり管理できます。
  • 問題を摘出し、その問題を徹底的に解決する方法を提案できます。
  • 指導による従業員の能力を向上させ、対立を管理できます。

TRAINING CONTENT IN THE COURSE

1. 副部長に対する会社の期待

  • 副部長に対する会社の期待
  • QCDMSE & 5M要素の管理
  • QCD状況の判断及び4M管理の改善

2. 副部長の役割及び責任

  • 副部長の役割及び責任
  • 毎日の管理業務
  • 毎日の管理業務の問題及びその問題の解決方法

3. 問題解決スキル

  • 問題とは
  • パレート図による現状の把握
  • 根本原因の分析、解決方法の提案
  • 標準化及び直観的な管理
  • 実際場面に応じて問題の解決実践

4. 業務指導スキル

  • 業務指導におけるマネージャーの役割
  • TWI-JIによる指導手順
  • TWI-JIによる指導手順

5. 対立管理スキル

  • 対立とは?会社に対する対立の意義
  • 対立の解決方法
  • Win-Win, Win-Lose, Lose-Lose
  • 実践:対立解決ロールプレー

6. 講座のまとめ、行動計画の作成および終了資格の授与

FEEDBACK