ソフトスキルのトレーニングコース

変化を導くスキル

John P. Kotterは、戦略的な変更が従業員の行動の変化につながらないため、企業は失敗することが多いと考えている。彼は切り替え効果の最も一般的な間違いを特定し、障害を克服する8つのステップを提示した。

変化を導くスキル」というコースは、会社を改革するアイデアを探している方にとってはインスピレーションになるし、自分の組織を改革したい組織に出資しているすべての人にとっても非常に実用的である。

 

Hinh khoa hoc

COURSE OVERVIEW

Name of the course: 変化を導くスキル
Object: 中級管理職、高級管理職
Training time: 2日間~3日間(顧客の要求に応じた計画)
Language: ベトナム語
Lecturers: ベトナム人
Forms of training: 顧客の会社で直接(Inhouse)または多くの企業へのワークショップ
Training methods: 教室で講義、プレゼンテーション、相談、練習

PURPOSE OF COURSE

  •       変化の必然性と、絶えず変化する環境に適応することの重要性を説明する。
  •        変革管理モデルを適用して、ブレークスルーを達成できるようにチームをリードする。

TRAINING CONTENT IN THE COURSE

1. 絶え間なく変化する環境での21世紀の労働者の挑戦

·        VUCA時代 

·        技術の変化 

2.「変化を道く」についての紹介

·        変化の本質を理解する

·        変化の必要性を理解する。

·        変化に抵抗する理由を理解する。

·        4種類の変革管理について知る。

·        実践:現在の状況における変化の性質を認識する。

3. 変化を乗り越えるために自分自身を導くモデル

·        段階1:否認  

·        段階2:怒り  

·        段階3:発見  

·        段階4受容 

·        チームワーク:各チームは、自分の組織内で起こっている、または起こる変化を一つ選択して、対応するための個人的な戦略を出す。

4. 変化を乗り越えるためにチームを導くモデル

·        段階1:否認  

·        段階2:怒り

·        段階3:発見  

·        段階4受容  

·        活動:他人の変化に気付く

5. 21世紀の人材に求められている新たな能力

·        自己学習能力 

·        「自然に従う」 

·        率直に耳を傾け、オーペンにコミュニケーションする。 

·        人間関係管理 

6. コースの終了、行動計画作成、証明書の交付 

 

FEEDBACK