従業員、ワーカー向け研修コース

時間管理スキル

同じ24時間を所有しても、一部の人はいつも自分のやりたいことをやるのに十分な時間を持っているように見えます。一方、何かを達成するために苦労して、締め切りに追われる人もいます。

今、時間を効果的に管理しているかどうかを知るために、次の質問に答えてください。

  • あなたは好きなことをする時間はありますか?
  • あなたは常に急いでいて、遅刻していますか?
  • あなたは、忙しすぎるので、常に仕事以外の面白い活動をキャンセルしますか。
  • あなたは、いつも一日の時間が足りないように感じますか。
  • あなたはイライラして焦っていますか?

これらの質問の1つを心の中で問うたことがある場合は、「時間管理スキル」についてもっと学んでください。

Hinh khoa hoc

COURSE OVERVIEW

Name of the course: 時間管理スキル
Object: 従業員、ワーカー、実習生
Training time: 2日間~3日間(顧客の要求に応じた計画)
Language: ベトナム語
Lecturers: ベトナム人
Forms of training: 顧客の会社で直接(Inhouse)または多くの企業へのワークショップ
Training methods: 教室で講義、プレゼンテーション、相談、練習

PURPOSE OF COURSE

  • 時間の無駄を認識し、それらを取り除くための戦略を立案する。
  • 時間管理ツール・コツを使用して作業効率を最適化する方法を理解し、応用する。

TRAINING CONTENT IN THE COURSE

1. 時間の概略及び時間管理について

  • 24 時間の 1 日中、何をしている
  • なぜ時間を効果的に管理する必要があるのか?
  • 演習:あなたの時間の使い方をテストする。

2. 効果的な時間管理のための6つの原則

  • ピクルスボックスの原理
  • パーキンソンの原則
  • 80:20原則
  • SMARTの原則
  • First thing first(最優先事項—)の原則
  • POMODORO(ポモドーロ)の原則

3. 時間管理計画の作成

  • 目標設定(SMART) 及び目標管理制度 (M.B.O)
  • リソースの特定と分析
  • 週、月、四半期、年ごとの作業計画の設定
  • 演習:月次業務の詳細な計画を作成する

4. 時間管理ツール・コツ

  • 時間管理マトリックス
  • 第1領域:緊急度も重要度も高い領域
  • 第2領域:重要ではあるが、すぐに対応しなくてもよい領域
  • 第3領域:緊急度が高いものの、重要ではない領域
  • 第4領域:緊急でも重要でもない領域
  • 一般的な時間管理ソフトウェアとサポートツールの紹介

5. コース総括・アクション計画作成・認定書交付・

FEEDBACK