ライン担当者・監督者・班長向け研修コース

QCサークル活動

工場の中で、労働者が一緒に品質問題解決の効果と創造の思想を考え出すために相談するのは「 QCC改善グループ 」である。では、各企業はQCC改善グループの周りで何の問題があるか。

  • QCC改善グループを設立したことがなく、QCC改善グループの意味を理解していない。
  • 社内にQCC改善グループを構築したが、動きに追随しただけで、長くは持続しない。
  • QCC改善グループのメンバーは「 アルバイト 」または「 自由にできる 」仕事であると見做し手射る。
  • QCC改善活動は改善動力が足りるから、よく遅延、延長を発生し、一緒に相談のために事前に予約しない。
  • QCCグループの活動方法とツールに習熟していない。
  • チームワーク、問題解決、創造のスキルが上手にならないので、改善活動の効果がない。

「QCC改善グループ」というコースを通じて、QCC改善グループが多くのリソースを消費せず、革新的なソリューションを考案するのに役立ち、すぐに適用できる方法を考え出し、非常に異なるブレークスルーを生み出します。

Hinh khoa hoc

COURSE OVERVIEW

Name of the course: QCサークル活動
Object: ライン長、監視員、グループ長、班長など生産担当者
Training time: 2日間~3日間(顧客の要求に応じた計画)
Language: ベトナム語
Lecturers: ベトナム人
Forms of training: 顧客の会社で直接(Inhouse)または多くの企業へのワークショップ
Training methods: 教室で講義、プレゼンテーション、相談、練習

PURPOSE OF COURSE

  • 理想的な職場を作る様にグループ活動の目的、意味、大切さを理解できること。
  • 品質能率の向上の様に改善課題展開とうまくグループ管理ができること。
  • 全組織で拡大改善グループシステムが構築できること。

TRAINING CONTENT IN THE COURSE

1.QCC改善活動概要・

  • QCC改善活動とは、何であるか。目的は何であるか。
  • QCC改善活動実施手順の概要
  • 大きい日系企業のQCC改善活動例

2. QCC改善課題選択・

  • QCC改善課題確定方法
  • U.G 基準の通りのQCC改善課題の評価、選択
  • 練習1:QCC改善課題の確定、選択

3. QCC改善課題の現状見聞・

  • 現状見聞の目的は何であるか。
  • 現状見聞の手順
  • 80:20 (Pareto)規律の通り目標を達成するために解決に必要な優先度の確定
  • 練習2:QCC改善課題現状見聞。

4. 現状分析・

  • 現状分析の目的は何であるか。
  • 現状分析の各ステップ手順。
  • 分析の技術7つ(3つの現在原則、過去データ、差異比較、プロセスチェーン分析など)。
  • 練習3:QCC改善課題の現状分析。

5. QCC改善活動の目標と計画作成・

  • QCC改善課題にSMART 目標設定
  • 5W2H の通りQCC改善課題に活動計画作成
  • 練習4:QCC改善の目標と活動計画の作成

6. 発生原因の分析・

  • 発生原因の分析手順
  • フィッシュボーンチャート、発生原因の検索のなぜか5つ。
  • 練習5:問題の発生原因確定。

7. 対策選択の各ステップと基準・

  • 対策選択の各ステップと基準
  • 対策。
  • 潜在的な対策を分析し、アクションを起こす。
  • 練習6:対策の確定、選択

8. 対策実施後の結果と基準化の確認・

  • 有形結果と無形結果
  • 対策実施後の基準化
  • 対策後の視覚的管理
  • 対策を水平展開すること
  • 練習7:基準化と直観的な管理。

FEEDBACK