ライン担当者・監督者・班長向け研修コース

報告書の書き方及び報告仕方スキル

報告作成とプレゼンテーションのスキルは管理者に対する必要なスキルである。下記の内容を留意する必要がある。

  • 大勢の前で発表するのは才能ではなく、スキルである。
  • わかり易い発表は、良い報告書があってこそできる。
  • 良い報告書は目的が明確で、構成が整然としていて、伝えたい内容とデータが十分備わっている。
  • プレゼンテーションは迅速で効果的に目標を達成することに役立つ方法である。

次の通り「 論理的報告書作成・プレゼンテーションスキル 」というコースを登録してください。

Hinh khoa hoc

COURSE OVERVIEW

Name of the course: 報告書の書き方及び報告仕方スキル
Object: ライン長、監視員、グループ長、班長など生産担当者
Training time: 2日間~3日間(顧客の要求に応じた計画)
Language: ベトナム語
Lecturers: ベトナム人
Forms of training: 顧客の会社で直接(Inhouse)または多くの企業へのワークショップ
Training methods: 教室で講義、プレゼンテーション、相談、練習

PURPOSE OF COURSE

  • 論理的で、わかりやすい構成と内容のある報告書を作成する。
  • プレゼンテーションが魅力的で、聞き手を説得できること。

TRAINING CONTENT IN THE COURSE

  1. 論理的プレゼンテーション・報告の大切さ・
  • 論理的で説得力のある分析と報告によって全員が同意できるように、客観的な結論を出します。
  • 練習1:報告書の作成・プレゼンテーション実施の時点での各問題確定
  1. プレゼンテーションの目的を明確にする方法・
  • 報告書の各種類の目的確定方法
  • 報告書の各種類に対する要求確定方法
  • 練習2:場面により、報告書の目的と要求の確定
  1. プレゼンテーションの構成設計・
  • 以前の結果データにより報告書に通牒確定
  • 未達成項目を克服するために、次の活動による報告書のメッセージの確定
  • 新しい項目に対する次の活動のメッセージの確定
  • 練習3:報告書の中でデータ分析、メッセージの確定
  1. プレゼンテーションのデータ分析とメッセージの確定・
  • 1つの話を論理的に報告する。
  • 報告書の内容の通り論理的に報告する。
  • 設計が簡単でわかりやすい。
  • 練習4:場面より報告・プレゼンテーションを完了する。
  1. 報告・プレゼンテーションの完了・
  • 1つの話を論理的に報告する。
  • 報告書の内容の通り論理的に報告する。
  • 設計が簡単でわかりやすい。
  • 練習5:場面により報告書・プレゼンテーションを完了する。
  1. プレゼンテーション実行・
  • 報告・プレゼンテーションの方法
  • 報告・プレゼンテーション時の重要点
  • 報告・プレゼンテーションを仕上げるために、聞き手の質問を事前に分析する。
  • 練習6:報告・プレゼンテーションの実行

FEEDBACK