従業員、ワーカー向け研修コース

品管の七つ道具

各企業は次の通り、従業員に対する多くの問題で対応に苦慮しておる。

  • 担当している地域に、製品品質、作業の品質管理がまだ整っていない;
  • 企業でデータの分析及び視覚化のやり方を知らないこと;
  • 生産工程に深刻な影響を与える既存の問題を認識していないこと;
  • 問題は認識したが、いくつの原因があるか、どの原因が優先的な処理が必要であるかが理解できていない;
  • 問題が発生した場合、根本的な原因がわからず、予防策が提出できない。

「品管の七つ道具」というコースを学んで、従業員の中で既存の問題が発見でき、効果的な方法で問題が解決できる。

Hinh khoa hoc

COURSE OVERVIEW

Name of the course: 品管の七つ道具
Object: 従業員、ワーカー、実習生
Training time: 2日間~3日間(顧客の要求に応じた計画)
Language: ベトナム語
Lecturers: ベトナム人
Forms of training: 顧客の会社で直接(Inhouse)または多くの企業へのワークショップ
Training methods: 教室で講義、プレゼンテーション、相談、練習

PURPOSE OF COURSE

  • データの分析と直観化の中で、品管の七つ道具の目的、意味を理解すること;
  • データ収集と分析後の問題点を認識できること;
  • データの収集および分析後、問題を特定すること;
  • Cp、Cpkのインデックス計算、生産工程の安定性が評価できること;
  • 問題の原因を分析し調査できること。

TRAINING CONTENT IN THE COURSE

  1. 品管の七つ道具についての概要・
  • 品管の七つ道具は何であるか。
  • いつ品管の七つ道具を使うか。
  • なぜ品管の七つ道具を使う必要であるか。
  • 品管の七つ道具使用方法
  • 練習:学習者の会社での品管の七つ道具の運用状況共有
  1. チェックシート及び使い方・
  • チェックシートは何であるか。目的とチェックシートの種類;
  • チェックシート作成の手順
  • チェックシート作成時の重要点
  • 練習:チェックシート作成、データ収集、結論
  1. グラフ及び使い方・
  • グラフは何であるか。目的は何であるか。
  • グラフの各種類
  • グラフ作成の手順
  • グラフ作成・各種類使用時の重要点
  • グラフの上でデータから現状確定方法
  • 練習:グラフ作成、現状についての結論
  1. パレート図及び使い方・
  • パレート図は何であるか。目的は何であるか。
  • パレート図作成の手順
  • パレート図作成時の重要点
  • 問題解決時の論理的パレート図使用
  • 練習:パレート図作成、現状についての結論
  1. 層別図、Cp, Cpk インデックス・
  • 層別図は何であるか。目的は何であるか。
  • 層別図作成の手順
  • 層別図作成・使用時の重要点
  • Cp, Cpk インデック計算方法
  • Cp, Cpk インデックを通じて工程の信頼性評価法
  • 練習:層別図作成、Cp, Cpk インデック計算、工程の信頼性評価、練習データ
  1. 管理図及び使い方・
  • 管理図は何であるか。目的は何であるか。
  • 管理図作成の手順
  • X―R図のLCL, CL, UCL 計算
  • 管理図作成・使用の時の重要点
  • 管理図の読解、毎日の管理評価
  • 練習:X-R図作成、生産工程の現状評価、練習データ
  1. 散布図及び使い方・
  • 散布図とは何であるか。管理状態目的は何であるか。
  • 管理のための管理図
  • 散布図作成の手順
  • 散布図作成・使用の時の重要点
  • 散布図の読み方
  • 回帰直線の描き方
  • 練習:散布図作成、回帰直線の描き方、原因と結果の関係結論、

練習データ

  1. 特性要因図及び使い方・
  • 特性要因図は何であるか。目的は何であるか。
  • 発生原因は何であるか。
  • 特性要因図作成の手順
  • 5回のなぜの図の使い方
  • 特性要因図と5回のなぜの図使用時重要な点
  • 原因検証方法
  • 練習:なぜなぜ分析、発生原因結論、原因検証方法を挙げること
  1. コース総括・アクション計画作成・認定書交付

 

FEEDBACK