ライン担当者・監督者・班長向け研修コース

5S・改善活動の評価スキル

5Sの実施は組織内のすべての従業員の参加するしか良好な結果を達成できません。 しかし、実施したら、パフォーマンス評価を行う必要です。したがって、5S評価を行う管理者が必要とするのは次のとおりです。

  • 5Sの活動・計画の作成・管理方法を知る
  • 5S評価スキルを持つ(観察、記録、コミュニケーション、データ処理、報告作成、監視など)
  • 現場での5S評価実施
  • 5Sの有効性・効果を確認する
  • 5S評価によって改善の機会を特定する

5S・改善活動の評価スキル」のコースは、企業で5Sを実施するプロセスにおいて、生産効率を維持し、継続的に改善するのに役に立つ。

Hinh khoa hoc

COURSE OVERVIEW

Name of the course: 5S・改善活動の評価スキル
Object: ライン担当者、監督者、チームリーダー、班長など
Training time: 2日間~3日間(顧客の要求に応じた計画)
Language: ベトナム語
Lecturers: ベトナム人
Forms of training: 顧客の会社で直接(Inhouse)または多くの企業へのワークショップ
Training methods: 教室で講義、プレゼンテーション、相談、練習

PURPOSE OF COURSE

  • 5Sが改善活動にとって何を意味するのかを理解する
  • 5Sの日常評価を維持し、生産性と品質の向上を定期的に改善活動を行う
  • 5Sの有効性・効果を確認する
  • 5S実施の正の側面を評価する
  • 作業をうまく完了した個人や部門に速やかに奨励して、アイディアを広く応用する
  • 適切な改善するために、仕事での制限区域を検出する

TRAINING CONTENT IN THE COURSE

5S内部評価の概要

  • 5S内部評価活動とは?
  • 5S内部評価活動の目的・意味
  • 5S内部評価活動の役割・責任
  • 5S内部評価活動の目標・計画
  • 演習:5S評価構造の作成、役割・責任の割り当てる

5S評価の組織構造作成、評価タスクの割り当て

  • 5S内部評価の組織構造作成、役割・責任の割り当てる
  • 5S内部評価の目標・計画を作成する
  • 演習:評価目標・計画を作成する

5S内部評価基準・標準の作成

  • 5S内部評価の計画を作成し準備する
  • 5S内部評価基準・標準を作成する
  • 評価場所における評価者と従業員とのコミュニケーション方法
  • 職場で改善するポイントを確定する
  • 演習:5S内部評価基準・標準を作成する
  • 演習:職場で改善するポイントを確定する

職場での5S評価の実施

  • クラスを4つのグループに分け、話し合う
  • チームに評価区域を割り当てる
  • 5S評価方法を検討する
  • 講師は現場で5S評価方法を案内する
  • 4チームは割り当てられた職場で5S評価を行う
  • 職場での5S評価結果をまとめる
  • 改善活動を確定して改善計画や評価計画を作成する
  • 演習:実際の職場環境で5S評価
  • 演習:評価結果の報告書を作成する

5S評価結果レポートの作成

  • 4チームは5S評価結果レポートを発表する
  • 他のチーム、講師はコメントを出す
  • 5S評価項目を標準化して、次の評価期間に適用できるようにする。
  • 結果報告を練習する
  • 5S評価手順の標準化する

コースのまとめ、行動計画の作成及び認定証の授与

FEEDBACK